FC2ブログ

サルの惑星

毎日がジェットコースターのように波乱万丈の研究室に所属していると、いつの間にか日記を書かないことが習慣になっていました。生きるも死ぬも自分次第。サルの生き様をどうぞ!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2005/10/11

今日は火曜日。
 2限から授業ということで、苦手の朝をなんとか耐えて、8時に起床しました(起床というのはベッドから起き上がること!)。

目が冴えないのでシャワーでも浴びて、今日はしっかり朝飯も食って、時間に余裕を持って家を出ました。というのも定期券の期限が切れていたので、買うためだったんですけど。

それでも授業には十二分に間に合う時間に大学に着きました。こんなに朝に余裕があるのも久しぶりだし、授業の前にパソコンのメールとかもチェックできて、準備万端で教室に向かいました。

早めにでたから後ろのほうの席でも座れるかなと思って、小走りで行ったら、

 「あれ?教室の電気が消えている?」

 「中に誰もいない?」

しかし、そこではまだ

 「ちょっと早すぎたかな。」

と思っていました。よくあることだからです。そして、ドアを開けようとした瞬間...

ガチャガチャ!ガチャガチャ!

「あれ!?鍵が閉まってる?」

さすがに教室の前で若干パニクリました。これまで授業がなくても鍵が閉まってたことなんてなかったのに...。でも向こうの方からは同じ講義を受けている他研究室の先輩が歩いてくるじゃありませんか。慌てて、そしてなぜか隠れてbaneさんに電話しました。

そしたらなんと、今日は臨時休業の日!!!!!まじやられた!!

なんとなく心の中では自分を責めていました。それもそのはず、知らなかったわけじゃありません。いつだか火曜日は臨時休業だなって確認したことはあったのに、忘れてただけなんです!それがまさか今日だったとは。ショックでした。無理して早起きしたのは何だったのか?小走りは何だったのか?

教室の方からぞろぞろ自分の研究室に帰っていく大学院生の人たちに遭遇しないように、こっそり研究室に帰ってきました。何か恥ずかしかったから(笑)

 それからは、昨日のこともあってか、久しぶりに勉強したなぁってくらい机に昼寝もせず向かっていました。だから今日はこんなところかな!
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。